COMPANY PROFILE

会社概要

社長メッセージ

人・企業・地域社会とのつながりを大切にしながら、
「心を添えた」仕事で社会に貢献していきたい。

当社は損害保険の調査・鑑定業務を通じ、「心豊かな社会づくり」に寄与することを目指しています。

私自身、以前は1級建築士として建築事務所で働いていました。ものづくりの仕事は大好きでしたが、「自分にぴったりの、もっと違う『何か』があるのではないか」と模索し続けた結果、偶然この損害保険登録鑑定人という仕事を知りました。

損害保険登録鑑定人は、あらゆる分野の専門技術を駆使することで困っている人を助けることができる、社会的意義の大きい仕事です。また、予期せぬ被害に遭われたばかりの悲しみや不安に駆られる方々と、心の通った対話で「人と人の通じ合い」が感じられる仕事でもあります。

当社は「心(HEART)」を経営理念として掲げています。当社に関わる人・企業・地域社会とのつながりを大切にしながら、「心を添えた」仕事で社会に貢献していきたい、そのように考えています。

地震や台風などによる自然災害が多い日本において、当社に寄せられる期待は確実に高まっています。被害に遭われた方が保険金をきちんと受け取ることは、間違いなく、新しい生活を送るための活力になるからです。私たちの頑張りが被害者の一助になるんだという強い気持ちで、引き続き鑑定作業に取り組んでいく所存です。

たちばな鑑定 代表取締役

代表取締役 伊藤 慎一

たちばな鑑定 社内風景

企業情報

商号 株式会社たちばな鑑定
創業 2007年1月
設立 2012年11月
代表者 代表取締役 伊藤慎一
従業員数 6名
事業所 本社/東京都江東区毛利1-21-9 
三喜ビル2階
事業内容 損害保険の調査・鑑定業務
損害保険会社からの依頼により、第三者の専門家の立場として保険契約に関わる損害鑑定業務・評価鑑定業務・調査業務等を行います。
 
  

沿革

2007.1 たちばな損害鑑定 開設 (墨田区立花)
2009.8 錦糸町に移転
2011.8 増員に伴い江東区毛利に移転
2012.11 法人化「株式会社たちばな鑑定」

主な災害派遣

2011.3 東日本大震災
2016.4 熊本地震
2018 大阪北部地震 西日本豪雨 台風広域被害 北海道胆振東部地震

MAP

〒135-0001 東京都江東区毛利1丁目21−9 三喜ビル2階
JR総武線・東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」徒歩5分
都営新宿線・東京メトロ半蔵門線「住吉駅」徒歩5分